疲れは万病のモト!疲れを溜め込まないためには…?

疲れについて考える女性
毎日、仕事や家事、育児…学生さんなら勉強に部活に…
人間、生きていると必ずお付き合いするものが「疲れ」です。

 

「あ〜疲れた〜」という言葉が口癖になっていませんか?

 

疲れは通常であれば眠ることで癒され翌日に残ることはありません。
でも溜まりすぎてしまうと、眠っても改善されず、
時にはその疲れが病の元凶になることだってあるのです。

疲れが溜まると病気になる?

疲れ、つまり疲労というのは体を動かしたりすれば必然的に溜まるものです。
でも、その日のうちにしっかりと睡眠をとることで疲れは簡単に癒やすことができます。

 

ですが精神的な疲れ(ストレス)や睡眠不足な状態な続くと
だんだん体に疲れが溜まっていきます。

 

疲れが溜まれば体が思うように動かなくなるばかりか、
それによってさまざまな病気が引き起こされてしまうのです。
特にストレスが多い環境にいる場合は心因性のもの
(胃腸炎、過敏性腸症候群など)を引き起こしやすくなります。

疲れを溜めないためには?

疲れをきちんと取るためには十分な睡眠が重要です。
しっかりと体を休めることで疲れを取ることができます。

 

また、自分なりのリラックスタイムを作るというのも大切です。
趣味の時間をとったり、お風呂にゆっくりと入ったり、アロマを焚いたり…
自分なりの方法を見つけて疲れを癒やしましょう。
また、マッサージなどをして疲れをとるのも有効です。

 

疲れを取る方法はたくさんあります。
きちんと疲れをとって、疲れを溜めない体を作りましょう!

 

>>オルニチンで肝臓回復の効果を

更新履歴