色々なマッサージで疲れをふっとばそう


疲れをとる方法として代表的なマッサージ。
いろいろなマッサージをして、疲れた自分の体を癒してあげましょう。

リンパマッサージをしよう

私達の体にはリンパ液と呼ばれるものが流れています。
これは老廃物や毒素を運ぶ役目を持つものです。
この流れが滞ると老廃物などがうまく排出されなくなり、
疲れが溜まりやすい体になってしまいます。

 

ですのでリンパ液の流れをよくして、老廃物を出し疲れを癒やすのです。
やり方は簡単。末端から心臓のほうへ向かって撫でるようにマッサージするだけです。
強く押しすぎないようにしましょう。

 

足なら足首から初めて太ももまでを、
腕なら手首から二の腕にかけてをゆっくり撫でてマッサージしてください。
これだけでずいぶん疲れが変わります。

疲れやすい足のマッサージ

足はいつも私達の体を支えてくれているところ。ですので疲れも溜まりやすいのです。
足がむくむ、張る…これは立ちっぱなし、歩きすぎ、
長時間同じ姿勢でいる、冷房がきいているといった条件で出てきてしまいます。

 

これを癒やす足のマッサージをマスターしましょう。
足の指を回す足指まわしは1本づつ指を引っ張ってから回します。
強く引っ張り過ぎないようにしてください。

 

足首まわしは足指の間に手の指を入れてその状態で左右にゆっくりと回します。
足の指の間を広げるようにするのがコツですよ。

 

たったこれだけのマッサージでも体の疲れはずいぶんと変わります。
毎日できなくても、特に疲れたと感じた日にマッサージしたりして自分の体を癒やしましょう。