疲労回復には寝る前にコレを飲めばオッケー!

疲労回復について話す女性
スマホやゲーム、パソコンなどなど脳を覚醒させてしまうものがたくさんある今。
眠る前にそういったものをいじったりしていませんか?

 

脳が覚醒した状態になるとうまく睡眠ととることができなくなってしまいます。
眠る前にリラックスした状態になるのもよい睡眠をとり、疲労回復するためには重要なこと。
そんなリラックスのお供になる飲み物をご紹介しましょう。

ハーブティーを飲む

眠る前に気分をリラックスさせるものといえばハーブティー。
コーヒーや紅茶にはどうしてもカフェインが含まれていますが、ハーブティーには含まれていません。

 

香りがよく、パソコンなどのブルーライトで
覚醒してしまっている脳や神経を落ち着かせる効果があります。

 

ちなみにオススメはローズヒップやカモミール。
比較的手に入れやすく、効果も高いのでぜひ試してみましょう。
飲む時間は就寝時間の1時間前程度です。

梅酒を飲む

「寝酒!?」と思う人もいるかもしれませんが、
実は梅酒は寝る前に飲むのに適したお酒なのです。

 

梅酒はもともと薬用酒。あまりにも飲み過ぎるのはよくありませんが、
適量を飲んでおくと睡眠をサポートしてくれます。

 

梅に含まれているクエン酸には疲労回復効果がありますし、
梅酒にはビタミンやミネラルも豊富に含まれています。
これが疲労回復には良い効果をもたらしてくれるのです。
さらにアルコールが含まれているので血行がよくなり熟睡することができます。

 

眠る前にはリラックスすることが大切です。
神経が高ぶったままだと思うように眠れませんし、眠れても睡眠が浅くなってしまいがちです。
ゆっくりのんびりと就寝前の時間を過ごし、そのお供にハーブティーや梅酒を用いてみてください。

 

サプリメントを飲む

これは寝る前だけに限ることではありませんが、肝臓の機能低下により、
疲れがなかなか取れないというパターンも考えられます。

 

しじみに多く含まれるオルニチンで肝臓を回復できるようですので、
オルニチンが含まれるサプリメントを摂ることで、大きな効果を期待できることでしょう。

 

慢性的な疲労感がある場合は、このサプリメントも試してみるといいでしょう。